2020年12月8日 経営者モーニングセミナー開催「第1056回」

<講師> 仙台泉倫理法人会 専任幹事 / 有限会社ティーズマジック代表取締役  遠藤 武 様

<テーマ> 子は親の心を実演する名優である

仙台市内で車の整備工場を営む遠藤氏。事業目的は売り上げを上げるため、手段は店舗展開。以前は、いつの間にか店舗展開が目的になっていて、当初の目的と手段が入れ替わっていたことがあったと話される。独立後は家族のために働くという決意が、休み無く働き、いつの間にか家族を犠牲に。そんな中、ある日、子供たちが自分の会社に遊びに向かっていた途中、三女が三輪車で大怪我を負ってしまい、普通なら病院に連れていく所が、仕事が入っていたため妻に頼む。そのとき妻から「あなた人間なの?」と言われ、自分は何かあったら仕事に逃げていたことに初めて気づかされる。その後も子供たちが成長する中で様々な悩みに直面し、子供たちが巣立ってから倫理に入会して学んだ挨拶・整理整頓などを継続して行った。早朝5時起き・風呂掃除・ゴミ出しなど、家庭生活を改善し、家族との絆を深めることに尽くす。ある日、結婚した子供たちから「あの時は必死だったんでしょ」と言われ、胸を詰まらせる。万人幸福の栞の「子は親の心を実演する名優である」に救われ、継続していくことが大切と話されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です