2020年12月15日 経営者モーニングセミナー開催「第1057回」

<講師> 仙台⻘葉倫理法⼈会幹事 株式会社ワオナス 代表取締役 北川英之様

<テーマ> コロナ禍オフェンスか? ディフェンスか?

保険の仕事を営む北川氏。コロナの影響でリモートワークを導入し、就業規則を変更したと話す北川様。冒頭にコロナでV字回復したアパレル会社の話や、サブスクリプションを導入して成功した飲料メーカーの話など、他業界で成功しているモデルを参考にしていくことが大切と話されました。昭和・平成は営業マンがいて事務職がいるという構図だったが、令和の時代は事務職が営業マンに必要とされる時代。コンピューターの発展等により、特別な営業マンを除いては世の中に必要とされなくなってきている。北川氏はコロナ禍であってもディフェンスよりオフェンスを大切にしているとのこと。コロナにより人の心がネガティブになってしまいがちだが閉塞性を持つのではなく、できることを探していくことが大切と感じる講話をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です